2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.05.31 (Sun)

(前期)アニメ作品・評価

「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?」という企画に参加してみました。
評価と言っても、ごく個人的な感想なのであまり当てにはならないと思いますが。
点数のみで特に記述してない箇所も少なからずあります。

本当はもっと早く書くつもりでしたが、なんだかんだで遅くなってしまった…。

●評価項目としては
・ストーリー…脚本、設定も含めて、破綻がないか。
 テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
・キャラクター性…キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
・画…キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
・演出…声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。
 カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
・音楽…OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
・総合評価…この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

●一応評価の指標として、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い


ではいってみます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■源氏物語千年紀 Genji

・ストーリー…3
当然ですが原作ものだし脚本とかもまあ普通といった感じ。

・キャラクター性…3
声に関しては櫻井さんの源氏がイメージとちょっと違う感じ。
色気というより誠実さを感じる源氏でした。

・画…3

・演出…1
出崎演出がくどい。古臭い。好き好きもあるでしょうけど私は苦手です。

・音楽…2
EDは世界観に合っていて素敵でしたがOPが酷い。うるさいだけ。

・総合評価…2
とにかく古さと違和感のみを感じた作品。
エロ表現ももうちょっとマイルドであればよかったです。
これは家族で見られません(笑)

・総合点…14

■CLANNAD~AFTER STORY~

・ストーリー…4
根幹はファンタジーなんでしょうが、描く日常がわりとリアルなので
それを忘れそうになるのが難といえば難。
渚についても以前から死亡フラグを思いっきり感じさせる作りでしたし
盛り上げるために無理やり死なせました感が否めません。
原因がよくわからない死に至る病が主人公の周りで頻繁とかね。
それが街と関係がある(?)などの説明も十分ではなく。
異世界や復活などのファンタジー要素が一切なければ個人的には5点でした。
この辺は好みによると思いますので、あくまで個人的に。

・キャラクター性…4
キャラの魅力という点では基本的に1期と同じなので省略。
AFTERで大きく変わったのは主役の朋也だと思いますが成長したなと。
あとは声優陣の功労がとても大きかったのではないかと。
こおろぎさんがすごすぎ。
個人的には主役の中村さんも最高でした。

・画…4
全体的に乱れもなく綺麗でした。
動きはあまりない印象ですが、AFTERでは静が印象的なシーンが多いです。

・演出…4
上手い。細部でも丁寧に作られているのを感じます。
演出が上手いので印象的なシーンが多いですね。

・音楽…3
OPは良いのですが、EDで雰囲気ぶち壊し。
BGMはとある多用しすぎの曲が耳障りに感じることも。
一方で非常に効果的に使われている場面も多く、一長一短といった感じ。

・総合評価…4
個人的に1期は退屈で苦痛を感じることもあったのですが、
全てはAFTERのための布石だと思えば、あれも必要だったのだと理解できます。
AFTERでも野球の部分などはいらないのでは? と思いますがどうなんでしょう。
それよりはもっと根幹をなす部分に時間を使ってほしかったですね。

・総合点…23

■鉄のラインバレル

・ストーリー…3
なんだかんだで楽しかったし、大団円的な終わりも良いなと。

・キャラクター性…3

・画…4
個人的にキャラデザは好きじゃないんですが、作画は綺麗でした。
あとよく動いてたと思います。

・演出…3
所々で盛り上がる作りになってたのは上手いと思いました。
過剰なお色気要素はマイナス要因。

・音楽…4

・総合評価…3
娯楽作としては重くなりすぎることもなく、そこそこ楽しめました。

・総合点…20

■鉄腕バーディー DECODE:02

・ストーリー…5
バーディの生い立ちなども含め、作品を深く理解するうえで欠かせないうえに、
純粋に見てて面白く、非常にクオリティの高いものを感じました。
1期でこの展開を持ってくるのではなく、2期で持ってきたところがにくい。

・キャラクター性…5
新キャラのナタルが非常に魅力的でした。

・画…4
2度ほど作画の乱れが非常に気になった回がありましたが
その他は満点レベル。とにかく激しいアクションでよく動いてました。

・演出…5
様々なところで張られた伏線・それの回収、展開の見せ方が秀逸。
説明的な描写が多かったり、そこを丸投げな作品が多い中、非常にスムーズで
無理なくバーディの世界観に浸らせてくれる作りの上手さには脱帽。

・音楽…4
OP・ED共に世界観にあっていますし、音楽単体でも好きです。

・総合評価…5
個人的にはほぼ満点です。これは見なきゃ勿体ない。

・総合点…28

■機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン

・ストーリー…3
「戦争のない世界を実現させる」という高い目標を掲げたソレスタルビーイングが
どういう結論を導き出すのか、というところが最大の見所だと思っていました。
が、結局ラスボス的存在を倒して終了という、なんとも安易なラストだったことに落胆。

・キャラクター性…4
個性のあるキャラクターが多く、楽しめたと思います。

・画…4
キャラデザがわりと良かったことと、作画が比較的綺麗に描かれていた点は
評価できると思います。回により、崩れがある場合もありましたが大きく
減点するまでにはいかないかと。

・演出…4
光の表現など、絵が綺麗で印象に残っています。
戦闘シーンは1対1の戦闘にはかなり物足りないものを感じましたが、
陣形などの要素を取り入れた戦術的な戦いは面白かったです。

・音楽…4
印象的な曲がそれなりにあり、しかも使いどころも上手くて
作品を十分盛り上げていたと思います。

・総合評価…4
ストーリー的に失敗した感はありますが、なんだかんだで結構楽しめたので高評価。
セカンドシーズンになってから、新キャラを出しすぎた感はあります。
それでもちゃんと収集できるのなら良いんですが、結局、中途半端になって
描き足りない、放り投げたようになったキャラが少なくない印象。
劇場版があるから、という言い分は無しでお願いします。
TV版はTV版できちんと完結させてほしかったので。

・総合点…23

■キャシャーンSins

・ストーリー…4
深いテーマは感じました。センシティブな内容?

・キャラクター性…3
声に関して、キャシャーンの古谷さんが非常に上手いと思いました。
一方リューズの声が不安定、というかぶっちゃけ下手(特に前半)に思えました。

・画…4
よく動いていて、しかも作画の乱れもなく、かなり良い出来でした。

・演出…3

・音楽…3

・総合評価…4
「生命とは何か?」というある意味答えの出ないテーマに挑んだ作品だと思いますが
堅苦しくなりすぎず、それでいて考えさせられることもあり、作品として楽しめました。

・総合点…21

■続 夏目友人帳

・ストーリー…4
見終わった後にいくらか温かな気持ちになれますね。

・キャラクター性…4

・画…3
絵は綺麗なんですが、動かなさすぎなので及第点といったところ。

・演出…3

・音楽…3

・総合評価…4

・総合点…21

■ONE OUTS ワンナウツ

・ストーリー…4
まず設定が面白く、一般的な野球物と違う視点を楽しめました。

・キャラクター性…4
ダークヒーロー的な主人公が良いですね。

・画…4

・演出…3

・音楽…3

・総合評価…4

・総合点…22

■絶対可憐チルドレン

・ストーリー…3
原作の中盤~後半に差し掛かったあたりで終了になったので
物語としては若干中途半端な印象。

・キャラクター性…3
テンプレ感はありますが、それなりにキャラは立っていたかと。

・画…4
丁寧でしたし動きも良かったです。

・演出…3
正統的な評価とはいえないかもしれませんが、いろいろな遊びが入っていたりで楽しめました。

・音楽…3

・総合評価…3
気楽に楽しめる娯楽作として、かなりいい出来だと思います。
ストーリーとしては続いているものなので、続編に期待します。

・総合点…19

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞 ベスト声優賞(男性と女性一人ずつ)

・ベストキャラクター賞 岡崎朋也

・ベストOP賞 時を刻む唄(CLANNAD AFTER STORY)

・ベストED賞 タネ(鉄腕バーディー DECODE:02)

・ベスト声優賞・男性 中村悠一(CLANNAD岡崎、18話以降が良すぎです)

・ベスト声優賞・女性 中原麻衣(CLANNADの渚が印象的でした)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

と、こんな感じです。
「鉄腕バーディー DECODE:02」は非常にお薦めしたい作品。
ただ残酷描写がありますので、人を選ぶかもしれませんが。
個人的にはそこを含め、お薦めなんですけど。

バーディには及ばないまでも十分良作だと思えるのは
「CLANNAD~AFTER STORY~」「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」
ガンダム00と比べるとCLANNADは見てる人も少ないと思いますが
機会があれば是非、というレベル。

今期(というか既に前期)はけっこう充実していた印象です。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:50  |  アニメ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2009.05.19 (Tue)

弱り目に祟り目

ここ数日、ウイルスで大変ですね。
豚インフルもそうですが、JSRedir-R(GENOウイルス)も。
情報を追っているだけで一日が終わってしまう。
アンチウイルスソフトも現状では対応できてないので
それが完璧になるまではいろいろと不便な日々が続きそう…。
Googleで検索することも環境によっては危険なので本当に困ります。

とりあえず出来る限りの対策はしてるので自分はほぼ大丈夫かと。
とか言って、感染したらどうしよう(苦笑)
あと、あまり関係ないとは思いますが万一を考えてブログパーツ削除。
そろそろ新しいのに変えたいと思ってたところだし、まあいいや。

でもJavaScriptを切るといろいろ不便ですね。アインソフも出来ない。
(この記事も一回消えました。プレビューも途中保存も使えなくて…)

そろそろ更新速度を上げていくか! と思っていた矢先になんだかなぁ。


*カウンタがちょっぴり回ってたこともあり追記。
安易にGoogleが使えないのはかなり痛い。
EDIT  |  01:23  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.05.01 (Fri)

これは売れそう

某所から転載

■彼女がボイスで名前を呼んでくれる!
 DS「ラブプラス」登場…CV:皆口裕子・丹下桜・早見沙織

●高嶺愛花 (CV:早見沙織)
●姉ヶ崎寧々(CV:皆口裕子)
●小早川凛子(CV:丹下桜)

・プレイヤーの好みがわかると、女の子は好みに合わせようと性格や気持ちを
 変えていこうとする。同時にスタイルや仕草や、声色も変わっていく
・彼女とのコミュニケーションは呼びかけに、メールや電話など多彩
 機嫌がいい時はすぐメールが返ってきたり、忙しい時は返事が全然なかったりと
 女の子にも 生活や感情がある事を表現
・恋人になると彼女がプレイヤーの呼び方をボイスで呼んでくれる
 EVSでは無く、苗字、名前、あだ名のボイスは大量に用意されている。日本に
 登録されている名前の上位から登録し始めて、最近の流行の名前までバッチリ
 入れているので、きっとプレイヤーの名前が見つかる
・DSの音声認識機能にも対応し、実際に彼女と声でトークできる
 また音声認識を使うものとしてリセットへのペナルティーもある。最初はお小言を
 聞かされるだけだが…
・試験が近づくと、一緒に勉強するイベントがありいい成績を収めるとご褒美が。
 ご褒美は「公開していいのかな?」と思うほどものすごく気合が入っている。
 それだけに試験勉強の難易度も相当高く、教師を目指していたスタッフ2人が作った
 本気の問題が収録

・24時間いつでも彼女と会える恋愛コミュニケーションゲーム『ラブプラス』

コナミはじまりすぎ。
丹下さんの復活とか想像さえしませんでした。びっくりしたなー。
攻略キャラがプレイヤーの好みに合わせて変わっていくとか着眼点がすごすぎる。
やってみるまでわからないけど、これは楽しそう。
ただ、イラストは可愛かったけど実際のゲームではポリゴンということで
そこが非常に残念。なぜ家庭用機・PSPにしないのかと。
まあいずれにしろ買わないけど(おい)

乙女ゲー好きとして気になるのはgirl's sideも出るのかということですよ。
ときメモシリーズは大好きなので出たらおそらく買う。
EVSではないというのもいいな。
EVSは画期的だと思うけど、実際にゲームをプレイするとそこだけ浮くし
微妙な強弱がないから違和感バリバリですもん。
ありえると思う膨大な数の名前を収録って、その気合に感動します。
女性向けがあるとしたら、ボイスは是非ゆうky(ry
EDIT  |  03:32  |  ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。