2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.07.16 (Mon)

風林火山 両雄死す

今回は熱かったです。
最初からいる重臣が死ぬシーンなどは、やっぱりけっこうきますね。
甘利もですが、板垣がすごい存在感でした。
先週の、本来の「御屋形様」ではなく絞り出すような声で「若、若っ…!」っていう台詞もかなり胸に迫りましたが、今週は板垣の全てが熱かった…。

内容にはあまり触れませんが、弁慶みたいな最期で、私も思わず「板垣ー!!」と叫んでいました、心の中で。
板垣役の千葉さん自身も渋くて好きだったので、来週からは寂しくなります。

板垣を見てて思いましたが、武将などをしていると、絶対に死ぬだろうという状況での出陣や、あるいはあえて死ぬという選択をしなければならない場合もあると思います。言うまでもなく辛いことだと思います。

でも一方で、死に場所があっていいな、とも。
武将には自分の信念や思いのために、死ねる舞台が用意されているわけですから。
まぁ、ほとんどの戦死する武将は不本意ながら、なのでしょうが。
それでも、年を取り、足腰も立たなくなり、しまいには痴呆症に…なんてことになるなら、討死のほうがいいな、なんて思ってしまいます。

現代なら自殺を考えている人も、戦国時代の足軽なら敵陣突破を試みてみる、とか。
めちゃくちゃ上手くいって手柄をあげられたら、また状況も変わるだろうし。

不謹慎ですかね。
EDIT  |  00:33  |  TV  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。